ニュース

欧州男子BMW PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2012年 BMW PGA選手権
期間:05/24〜05/27 場所:ウェントワースクラブ(イングランド)

L.ドナルドが世界ランク首位奪還をかけ最終日へ

◇欧州男子◇BMW PGA選手権 3日目◇ウェントワースクラブ(イングランド)◇7.302ヤード(パー72)

ディフェンディングチャンピオンのルーク・ドナルド(イングランド)が、4バーディ、1ボギーの「69」をマークし、通算11アンダーで単独首位に浮上した。

<< 下に続く >>

約2万5千人のギャラリーが会場に押し寄せたこの日、時折強風の吹く中でも、選手たちはスコアに伸びを見せた。ドナルドは、前半は1バーディと伸ばせず後半を迎えたが、15番でボギーを叩くも3つのバーディを重ねて首位に浮上した。現在世界ランク首位のロリー・マキロイ(北アイルランド)から、同2位のドナルドが首位の座を奪還するには、今大会トップ8以上でフィニッシュすることが条件。後続に2打差をつけて最終日を迎えるドナルドは、大会連覇とともに世界1位奪還への大きなチャンスにつけている。

通算9アンダーの単独2位にはジャスティン・ローズ(イングランド)、通算7アンダーの単独3位にはピーター・ローリー(アイルランド)が続いている。さらに通算5アンダーの4位タイにはアーニー・エルスリチャード・スターンブランデン・グレース(いずれも南アフリカ)、ポール・ローリー(スコットランド)の4選手が並んでいる。

そのほか、3日目に首位に立ったジェームズ・モリソン(イングランド)は、「81」とスコアを崩し11位タイに後退。イアン・ポールターが(イングランド)は「69」と3ストローク伸ばして、46位から、同じく11位タイに大きく順位を上げている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 BMW PGA選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!