ニュース

欧州男子コマーシャルバンク・カタールマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

G.F.カスタノが首位発進! J.デーリーが1差に続く

◇欧州男子◇コマーシャルバンク・カタールマスターズ初日◇ドーハGC(カタール)◇7,388ヤード(パー72)

強風により砂塵がコースを舞い交う悪コンディションとなる中、ゴンサロ・フェルナデスカスタノ(スペイン)が9バーディ、3ボギーの「66」をマーク。6アンダーの単独首位に立つ好スタートを切った。

「(砂嵐により)ボールがフェアウェイに落ちるのが見ることができなかった。できるだけ低いボールをキープし続けたよ」と、視界の悪い状況で最善の攻めを継続。ポイントに掲げたのはパッティング。「風が強い日は、パットがもっとも難しい。いくつかの重要なパットを決められたのはラッキーだった」と、この日の27パットに納得の言葉を述べた。

5アンダーの単独2位には、5バーディ、ノーボギーにまとめたジョン・デーリー(アメリカ)。「砂をたくさん食べたような感じだったよ。厳しかった」と振り返りながらも、僕がかつてこのような風でプレーした中で、ベストなラウンドの1つだった」と自画自賛。今なお高い人気を誇る45歳のベテランが躍動を見せている。

4アンダーの3位タイにジェイソン・デイ(オーストラリア)と、今大会初参戦となるチェ・キョンジュ(韓国)。3アンダーの5位タイに、リチャード・フィンチ(イングランド)、ポール・ローリー(スコットランド)ら5人が続く。世界ランク3位のリー・ウェストウッド(イングランド)は、マーティン・カイマー(ドイツ)らと並び1アンダーの15位タイ。アルバロ・キロスセルヒオ・ガルシア(ともにスペイン)はイーブンパーの37位タイ。前年大会覇者のトーマス・ビヨーン(デンマーク)は7オーバーの121位タイと大きく出遅れた。

2012年 コマーシャルバンク・カタールマスターズ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~