ニュース

欧州男子ドバイ・ワールドチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

L.ドナルドが前人未到の快挙、W賞金王を戴冠! 最終戦を制したのはA.キロス

◇欧州男子◇ドバイ・ワールドチャンピオンシップ最終日◇ジュメイラ・ゴルフエステーツ(UAE)◇7,675ヤード(パー72)

通算14アンダー単独首位からスタートしたアルバロ・キロス(スペイン)が通算19アンダーで逃げ切り、今季2勝目を有終の美で飾った。3連続バーディとロケットスタートを切ったキロスだったが、2打差を追うポール・ローリー(スコットランド)が前半に5つのバーディを奪う猛追で一時は逆転を許した。しかし粘りを見せたキロスが1打差のリードで迎えた18番(パー5)、渾身のイーグルパットをねじ込み、ローリーに2打差をつけて優勝を飾った。

通算16アンダーの単独3位には、今シーズン、米国・欧州両ツアーの賞金王タイトルのかかったルーク・ドナルドが「66」をマークしてフィニッシュ。W賞金王戴冠には、今大会9位以内でのフィニッシュが必須条件だったドナルドが、3日目に4位に浮上。最終日も世界ランクトップの貫禄を見せつけて前人未到の快挙を成し遂げた。

通算14アンダーの単独4位にはピーター・ハンソン(スウェーデン)、通算13アンダーの単独5位にチャール・シュワルツェル(南アフリカ)がフィニッシュしている。

今大会で2011年の欧州ツアーの全日程が終了し、賞金王のドナルドはボーナス(賞金ランク上位15位までに与えられる)として150万ドル(約1億1,550万円)を手にした。賞金ランク2位にはロリー・マキロイ(北アイルランド)、3位にはマーティン・カイマー(ドイツ)が続いている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ドバイ・ワールドチャンピオンシップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。