ニュース

欧州男子ドバイ・ワールドチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

マキロイ3位キープも首位とは5打差!ルークは12位タイに浮上

◇欧州男子◇ドバイ・ワールドチャンピオンシップ2日目◇ジュメイラ・ゴルフエステーツ(UAE)◇7,675ヤード(パー72)

初日に好スタートを切った上位陣は早くも足踏みとなり、この日8アンダー「64」をマークしたアルバロ・キロス(スペイン)が、通算12アンダーまでスコアを伸ばして単独首位に浮上した。6バーディを奪い首位で迎えた最終18番(パー5)をイーグルで締めくくり、2位に4打差をつけてホールアウトした。

通算8アンダー単独2位は、初日首位のピーター・ハンソン(スウェーデン)。この日は4バーディ、4ボギーとスコアを伸ばせず苦戦。同じく初日に7アンダーをマークして単独2位につけたポール・ローリー(スコットランド)も、スコアを1つ落として5位タイに後退している。

そして、通算7アンダー3位タイに、ロリー・マキロイ(北アイルランド)と、ロバート・ロック(イングランド)の2人が並んでいる。逆転での賞金王獲得には、この大会で優勝するしかないマキロイ。順位は前日と同じ3位だが、この日はスコアを1つしか伸ばせず、首位との差は2つから5つに開いてしまった。

賞金王獲得へ向け、10月の米ツアープレーオフ最終戦以来の試合となるルーク・ドナルド(イングランド)は、初日こそイーブンパーの26位タイと出遅れてしまったが、2日目は4つスコアを伸ばし12位タイまで浮上してきた。初日は14番から3連続ボギーをたたいてしまったが、この日は16番から最終18番までの上がり3ホールを3連続バーディで締めくくり、世界ランク1位の貫禄を見せた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ドバイ・ワールドチャンピオンシップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。