ニュース

欧州男子アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権
期間:09/29〜10/02 場所:セントアンドリュース/カーヌスティ/キングスバーンズ(スコットランド)

20歳の逸材が首位タイに浮上!

スコットランドのセントアンドリュース、カーヌスティ、キングスバーンズの3コースで行われている欧州男子ツアー「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」2日目。通算12アンダーまでスコアを伸ばしたトミー・フリートウッド(イングランド)とマイケル・ホーイ(北アイルランド)が首位タイで並んでいる。

この2日目もキングスバーンズでプレーした選手が好スコアをマーク。トップの2人も同様で、2010年の全英アマチャンピオン、フリートウッドは9バーディ、ノーボギーの「63」を叩き出した。

<< 下に続く >>

昨年プロ転向した弱冠20歳の同選手は、9月のチャレンジツアー「カザフスタンオープン」を制覇。来季のレギュラーツアーでの活躍に大きな注目が集まっている。「素晴らしい気分。正直に言うと、全然期待していなかったんだ。ここに出て、経験できるだけで最高だって思っていたから」と無欲を強調するが、強豪ひしめく今大会でしっかりとアピールに成功した。

トップに1打差、通算11アンダーの単独3位にはルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)。さらに1打差の4位タイにはグレーム・マクドウェル(北アイルランド)ら5人が並んだ。ディフェンディングチャンピオンのマーティン・カイマー(ドイツ)は通算9アンダーの9位タイと、メジャーチャンピオンたちが好位置につけている。

その他、リー・ウェストウッド(イングランド)は通算7アンダーの19位、ロリー・マキロイ(北アイルランド)はこの日、カーヌスティを回って「67」をマークして同じく7アンダー19位に浮上した。一方、世界ランク1位のルーク・ドナルド(イングランド)は通算4アンダーの51位と、苦戦が続いている。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!