ニュース

欧州男子バークレイズスコットランドオープンの最新ゴルフニュースをお届け

世界ナンバーワン王者の貫録!L.ドナルドが今季3勝目

スコットランドのキャッスルスチュアートGLで行われている欧州男子ツアー第30戦「バークレイズスコットランドオープン」の最終日。連日の悪天候の影響で、決着は54ホールに短縮されることが決定し、この日、第2ラウンドの未消化分と合わせて18ホールの決勝ラウンドが行われた。

最終ラウンドを通算10アンダーの5位タイからスタートしたルーク・ドナルド(イングランド)が9バーディ、ノーボギーの完璧なゴルフを展開し、「63」をマークして、今季3勝目を逆転で飾った。

1番からスタートしたドナルドは、3番でこの日ひとつめのバーディを決めると、続く4番から6番まで4連続バーディを奪うロケットスタートを見せた。前半9番でも再びスコアを伸ばしてハーフターンを迎えると、続く10番でもバーディを奪い、確実にチャンスを決めていく。この時点で単独首位に浮上したドナルドは最後まで手を緩めることなく、後半は4つのバーディを奪ってフィニッシュ。後続に4打差をつけ、世界ランクナンバーワンの貫録を見せつけた。

通算15アンダーの単独2位には、フレデリック・アンダーソンヘッド(スウェーデン)が続いている。アンダーソンヘッドもドナルドに負けず劣らずのバーディを量産、1イーグル、8バーディでベストスコアの「62」をマークしている。

そのほか、マット・クーチャー(アメリカ)が通算13アンダーの10位タイ、通算12アンダーの14位タイにリー・ウェストウッド(イングランド)、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)。アーニー・エルス(南アフリカ)は通算11アンダーの25位タイでフィニッシュしている。日本から出場している平塚哲二は、第2ラウンドを終えた時点で決勝ラウンドに進むことが出来なかった。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 バークレイズスコットランドオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。