ニュース

欧州男子バークレイズスコットランドオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 バークレイズスコットランドオープン
期間:07/07〜07/10 場所:Castle Stuart Golf Links(スコットランド)

ウェストウッドとテューロが首位に並ぶ

スコットランドにあるキャッスルスチュアートGLで開催されている欧州ツアー第30戦「バークレイズスコットランドオープン」初日、2009年にオープンした美しいリンクスコースを舞台に、翌週に控える全英オープンの前哨戦が幕を開けた。

初日7アンダーで首位に並んだのは、今大会の優勝で世界ランク1位へ返り咲きするリー・ウェストウッド(イングランド)と、同232位のマーク・テューロ(チリ)の2人。

<< 下に続く >>

10番スタートのウェストウッドは、12番、17番でバーディを奪うと、18番(パー5)では、2番アイアンでの第2打をピンそば1.2mにつけてイーグル奪取。後半も4バーディ(1ボギー)とスコアを伸ばし、「今週はプレッシャーが多ければ多いほどいい」と、次週を見据えて満足げに振り返った。

一方のトゥーローは、昨年下部ツアーで2勝を挙げて今季がフル参戦初年。1番から4連続バーディを奪うなど、10個のバーディを奪いボギーは三つ。「ここはリンクスコースだから、何もコントロールすることはできない。ただ楽しんだだけ」と33歳は振り返る。「だから、今日はあまり話したくないんだ。だって明日はきっと悪いスコアだろうからね」。無欲の戦いで残り3日間も戦い抜く。

日本から出場している平塚哲二は、2バーディ1ダブルボギー1トリプルボギーの「74(パー71)」。18番でティショットがロストボールとなり通算3オーバーの129位タイと大きく出遅れた。また、藤田寛之は試合直前に激しい腹痛と下痢、さらに発熱に見舞われて出場を回避している。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 バークレイズスコットランドオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!