ニュース

欧州男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 マスターズ
期間:04/07〜04/10 場所:オーガスタナショナルGC(米国ジョージア州)

C.シュワルツェルがメジャー初優勝!遼は20位、ローアマの松山は27位

今季のメジャー第1戦「マスターズ」は10日(日)、ジョージア州オーガスタナショナルGCで最終ラウンドを行い、首位に4打差の2位タイから出たチャール・シュワルツェルが「66」をマークして通算14アンダーとし、逆転で米国PGAツアー及びメジャー大会初優勝を飾った。南アフリカ勢がマスターズを制覇したのはゲーリー・プレーヤートレバー・イメルマンに続き3人目。日本の石川遼は通算3アンダー20位タイ、松山英樹は1アンダー27位タイだった。

前日9日の第3ラウンドを終えて2位に4打差をつけてトップに立っていたロリー・マキロイ(北アイルランド)が序盤にスコアを落とし、優勝争いは混沌。一時は1打差以内に猛チャージを見せたタイガー・ウッズら7人がひしめく大混戦となった。その中、シュワルツェルは15番から4連続バーディを奪って単独トップに浮上し、2打差でジェイソン・デイアダム・スコット(ともにオーストラリア)を振り切った。

通算10アンダーの4位タイに「67」をマークしたウッズ、オーストラリアのジェフ・オギルビー、イングランドのルーク・ドナルド。ウッズは2005年大会からマスターズで7年連続トップ10入りした。

1アンダーの30位タイから出た石川遼は2番(パー5)で2オンに成功し、オーガスタで初のイーグルを奪取。最後は17番から2連続バーディで自身初の決勝ラウンドを締めくくった。1イーグル、4バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「70」で回り通算3アンダーの20位タイで3度目のマスターズを終えた。

史上初の日本人アマチュアとして出場し、19歳1か月の日本人最年少で決勝ラウンドに進出した松山英樹は3アンダーの18位タイからスタートし4バーディ、6ボギーの「74」。通算1アンダーの27位タイでフィニッシュした。今大会に出場したアマチュア6選手の中で予選を通過したのは松山のみで、日本人史上初のローアマチュアを獲得した。

石川遼松山英樹の4日間のそれぞれのスコアは以下の通り
石川:71-71-73-70(285:-3)
松山:72-73-68-74(287:-1)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!