ニュース

欧州男子WGCワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 WGCワールドカップ
期間:11/18〜11/21 場所:レアルクラブ デ・ゴルフ(スペイン)

地元スペインが単独首位へ!日本は首位と4打差

スペインのセビリアにあるレアルクラブ de ゴルフ de セビリアで行われている世界ゴルフ選手権「WGCワールドカップ」の3日目。この日は大会初日と同じフォーボールでの競技。各選手がストローク競技を行い、ホールごとに良い方のスコアがチームのスコアとなる。

大会3日目を終えて首位に立ったチームは、スペインのセルヒオ・ガルシアミゲル・アンヘル・ヒメネス組。首位と6打差からスタートしたスペインは、2イーグル7バーディの猛チャージをかけ、通算24アンダーまで伸ばし単独首位に立った。地元の期待に応えてこのまま逃げ切ることができるのか。

<< 下に続く >>

首位を1打差で追うのはポール・ケーシールーク・ドナルドのイングランド。大量リードの首位でスタートしたイングランドだったが、お互いバーディが取れないホールが続きなかなかスコアを伸ばせず、この日は4バーディノーボギーの平凡なスコアに終わってしまった。明日最終日に巻き返しを図る。

3打差の3位グループに、アイルランド、アメリカ、スウェーデン、南アフリカと強豪チームが控え、虎視眈々と逆転優勝を狙っている。

日本の丸山茂樹田中秀道ペアは、この日全てのパー5で確実にバーディを奪うなど、この日7つのバーディを積み重ねて、首位と4打差の通算20アンダー7位につけた。昨年は最終日にスコアを伸ばして7位タイに入っただけに、今年はさらなる上を目指したいところ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 WGCワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!