ニュース

欧州男子リンデ・ドイツマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

R.グーセン15アンダーでトップタイに踊り出る!J.M.オラサバルは、6位に後退

ドイツ、コローニュのガットラーケンホフで開催されている、欧州男子ツアー第35戦「リンデ・ドイツマスターズ」の3日目。この日トップに並んだのは、アンソニー・ウオール(イングランド)、レティーフ・グーセン(南アフリカ)、ニック・ドハティ(イングランド)、ヘンリック・ステンソン(スゥエーデン)の4人。さらに1打差で、デビット・リン(イングランド)が続く大混戦になった。また、2日目トップタイのホセ・マリア・オラサバル(スペイン)は6位に後退した。

優勝候補の本命といわれるグーセンは、3日目に見事なゴルフを展開した。前半3番で初バーディを奪うと、6番からの連続バーディ、さらに1つのバーディを重ねて4アンダー。後半に入っても、13番ロングホールで快心のイーグルを奪取。16番でこの日初めてのボギーを叩いたものの、スコア「66」通算15アンダーでフィニッシュ。前日の4位タイからトップタイへ浮上し、最終日を迎える事となった。

前日爆発的なパフォーマンスを見せトップに並んだウォールは、前半不調で崩れかけたが、13番のイーグルで立て直し、この日4アンダー通算15アンダーでトップタイを守った。一方、ウォール同様、前日好調だったオラサバルは、この日上位選手がスコアを大きく伸ばす中、4バーディ1ボギーとスコアを伸ばし切れず、通算13アンダー単独6位に順位を落とした。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 リンデ・ドイツマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。