ニュース

欧州男子The Barclaysスコットランドオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 The Barclaysスコットランドオープン
期間:07/07〜07/10 ロックロモンドGC(スコットランド)

E.エルスらが苦しむ中、M.ラフィーバーが急浮上!谷口は予選落ち

スコットランド、グラスゴー、ロックロモンドGCで行われている、欧州男子ツアー第27戦「The Barclaysスコットランドオープン」の2日目。この日、スコア「63」を叩き出し、通算12アンダーで一気にトップに立ったのが、マーテン・ラフィーバー(オランダ)だ。

この日のラフィーバーは、怒濤のバーディラッシュ。6番、7番、さらに13番、14番でも連続バーディを奪うなど、8つスコアを伸ばすことに成功。しかもノーボギーという、完璧なプレーを演じた。このまま勢いに乗れば、2003年の「オランダオープン」以来のツアー2勝目も見えてくる。

これに通算11アンダーで続くのが、強豪のアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)だ。前日の7アンダーから、こちらも4つスコアを伸ばし、2位でホールアウト。2日間通して、安定したゴルフを続けており、明日からの決勝ラウンドでも上位に食い込んでくる可能性は高い。

さらに、通算10アンダーの3位タイには初日の12位タイから、浮上してきたダレン・クラーク(北アイルランド)とアレステアー・フォーサイス(スコットランド)、そして23位から這い上がってきた、ジョナサン・ロマス(イングランド)がつけている。

そのほか強豪勢では、アーニー・エルス(南アフリカ)が通算6アンダーの20位タイ。フィル・ミケルソン(アメリカ)は、通算3アンダーの54位タイと低迷。また、日本期待の谷口徹だが、この日スコアを2つ伸ばすも初日の出遅れが響き、通算1オーバーの94位タイで、予選落ちという結果に終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 The Barclaysスコットランドオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。