ニュース

欧州男子ハイネケンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 ハイネケンクラシック
期間:02/03〜02/06 ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

エルス大会4連覇ならず、百戦錬磨のパリーが優勝!佐藤は16位

オーストラリアのビクトリアにあるロイヤルメルボルンGCで行われている、欧州男子ツアー第6戦「ハイネケンクラシック」の最終日。上位陣のスコアが伸び悩み、試合は大混戦となった。

首位と3打差、大会4連覇を狙うアーニー・エルスは、前半で3つスコアを伸ばしてあっという間に首位に並んだ。だが、後半に入るとなかなかバーディチャンスにつける事ができず、逆に12番で3パットのボギーなど歯車が噛み合わなくなり、後半2つスコアを落としてフィニッシュ。結局通算12アンダーの5位で競技を終え、4連覇の夢は潰えた。

優勝争いは、最終組をラウンドする23歳ルーキーのジャロッド・ライルニック・オハーンクレイグ・パリーといった地元出身の選手に絞られた。前半はパリー、ライルがトーナメントを引っ張り単独首位に踊り出たが、中盤2人ともスコアを崩すと、3人とも通算14アンダーで最終ホールを迎えた。運命の18番、ライルはティショットを左に曲げてしまいパーをセーブすることができず脱落。パリーとオハーンがパーをセーブしプレーオフに突入した。

プレーオフは、再三オハーンがバーディチャンスにつけ、試合を有利に進めていたが決めることができず。逆にパリーはきわどいパーパットを決めてしぶとく食らいついていた。決着が付いたのは、プレーオフ4ホール目の18番、互いにバーディチャンスにつけていたが、パリーがバーディパットを先に沈めると、オハーンはこれを外してしまい、パリーに軍配が上がった。

そのほか日本の佐藤信人は、前半5つスコアを伸ばす猛チャージをかけ、一気に順位を駆け上がった。後半は2バーディ2ボギーで周り、通算7アンダー16位タイで4日間の競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ハイネケンクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。