ニュース

欧州男子ライダーカップの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 ライダーカップ
期間:09/22〜09/24 場所:キルデアG&CC(アイルランド)

欧州チームが底力を見せ2ポイントリード! 3連覇へ向け好発進!

第36回「ライダーカップ」が、アイルランドのストラッファンにあるKクラブで開幕。この日は、フォアサムとフォアボールによる戦いが合計8試合行なわれ、欧州チームが5ポイント、米国チームは3ポイントを獲得。史上初の大会3連覇を狙う欧州チームがリードを奪った。

午前中に実施された、フォアボールでは第1試合でタイガー・ウッズジム・フューリック組が、パドレイグ・ハリントンコリン・モンゴメリー組を撃破。これで米国チームが勢いに乗るかと思われたが、続く第2試合は引き分け。第3試合で欧州のセルヒオ・ガルシアホセ・マリア・オラサバル組が3&2で勝つと、第4試合も欧州チームが勝利した。

<< 下に続く >>

午後、フォアサムに競技が変わってからは4試合の内、第3試合までが引き分けという白熱した展開。最も注目されたのは、タイガー・ウッズジム・フューリック組とセルヒオ・ガルシアルーク・ドナルド組の対決。この大事な1戦も序盤か欧州チームが1アップリード。米国チームも後半の14番でオールスクエアに戻す健闘を見せたものの、17番で1アップ、さらに18番で2アップされて万事休す。最終的には欧州チームが底力を発揮した形となった。

初日、フォアボールでのタイガー・ウッズジム・フューリック組以外、勝利の無かった米国チームが明日以降どう巻き返してくるのか。フィル・ミケルソンクリス・ディマルコらの活躍がキーポイントになる。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 ライダーカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!