ニュース

欧州男子南アフリカオープン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2008年 南アフリカオープン選手権
期間:12/18〜12/21 サン・ノム・ラ・ブロテッシュGC(南アフリカ)

R.スターン、プレーオフの末に母国で優勝を飾る!

南アフリカのパールバレー・ゴルフエステートで開催されている2009年の欧州男子ツアー第5戦「南アフリカオープン選手権」の最終日。リチャード・スターンギャレス・メイビン(北アイルランド)とのプレーオフの末に優勝を手にしている。この勝利で、地元・南アフリカ勢が大会8連覇を達成している。

11位タイからスタートしたスターンは、この日4日間を通して初のノーボギーでラウンド。ラスト2ホールで連続バーディを決め、通算14アンダーとして順位を上げ、先にホールアウト。一方、逆転優勝を狙うべく2位タイからスタートしたメイビンは、前半2つスコアを伸ばしたが、その後は沈黙。通算14アンダーでスターンと並びホールアウトした。首位でスタートしたリー・ウェストウッド(イングランド)はスコアを落とし、勝負はスターンとメイビンのプレーオフへともつれこんだ。

18番パー5で実施されたプレーオフでは、サードショットをピンそばに寄せたスターンのプレッシャーに対し、メイビンがバーディパットを失敗。キッチリとバーディを奪ったスターンが見事な逆転優勝で、地元勢の8連覇に華を添えた。

通算13アンダー、3位タイには、ウェストウッドに北アイルランド期待の星・ロリー・マキロイ、そしてアーニー・エルスの3人。優勝の最右翼と目されていたウェストウッドは、前半4ボギーを叩いたことが響き自滅。初優勝を狙ったマキロイは、立ち上がりの連続ダブルボギーが最後まで取り返せないまま、あと一歩でプレーオフ進出を逃し、プロ初勝利はまたしてもお預け。そして、37位タイからスタートし、優勝にはノーチャンスと思われていたエルスは、9バーディの猛攻を見せてフィニッシュ。大会を大いに盛り上げた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 南アフリカオープン選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。