ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:04/02〜04/05 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州、ミッションヒルズCC)

「初日が大事」さくら、出遅れを警戒

2009/04/02 12:34


「クラフトナビスコ選手権」には、今年で3年連続3回目の出場となる横峯さくら。昨年は初日に4オーバーと出遅れ、カットラインぎりぎりで予選通過を果たしたが、終わってみれば日本人最上位となる19位タイでフィニッシュし、海外メジャーでの勝負強さを印象付けた。

今年は国内女子ツアーの「PRGRレディス」を6位タイで終えた後、横峯は早めにアメリカに入り、日曜日から現地で練習を開始。月曜日に18ホール、火曜日は9ホール、そして大会前日は別コースながら18ホールのプロアマ戦をこなし、準備を整えた。

<< 下に続く >>

「去年よりラフが短いですね。フェアウェイからしか打てない所があったけど、今年はそうでもない。風が無かったら、易しいって程ではないけど、ましかな」と、コース攻略に自信をのぞかせる。今年は賞金女王獲得を公言するなど、ゴルフのレベルアップを自ら感じている横峯は、「ドライバーで打っていたところを3Wを持ったりして、攻め方も変わってきました」と、アイアンの精度にも自信を深め、ティショットは距離よりも方向性を重視している。

試合中の落ち着きも増してきているが、「練習ラウンドで決めたことをきちんとやることが大事」と自らを戒める。「ここはピンを狙わないとか。試合になると欲が出るので、そこを抑えられれば」と自制も課題の一つにあげた。

「目標は3か4(アンダー)。グリーンが硬かったら全然ダメかもしれないけど」という横峯は、引き続いてゴルフの調子は悪くない。最後はパッティング次第だが、去年の出遅れを引き合いに出し、「初日が凄い大事ですね。ハラハラドキドキにならないようにしたいです」と、3年目のスタートダッシュを誓った。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!