ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくらはボギー、ダボから少し復活

国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」の初日、歴代優勝者の横峯さくらは「相性の良さで復調の兆しを見つけたい」と話していたが、序盤からボギーが先行する苦しい立ち上がりとなった。

スタートの1番でドライバーでのティショットを左に曲げた横峯は、このホールをパーで切り抜けたが、その後もティショットが安定しなかった。5番でボギーを先行させると、7番ではティショットを深いラフに入れて2打目は脱出するだけ。3打目もグリーンに乗らずに4オン2パットのダブルボギーにしてしまった。

<< 下に続く >>

後半は15番パー5と最終18番で2つのバーディを奪い1オーバーまで戻したが、首位とは9打差の54位タイと出遅れてしまった。「1番から、あんなミスが出るなんて」と、ティショットのミスをしばらく引きずってしまった横峯。「アドレスがしっかりできていなかったので、それに気づいて後半は安定して来ました」と、前半はアドレス時にかかと寄りに体重が乗ってしまったことを修正したという。

「前半のゴルフだったら凄くヤバイですよね。でも後半のゴルフができれば大丈夫です」と、1オーバーまでスコアを戻せたことに、ほっと胸をなで下ろす。後半のゴルフ、特に最終18番で奪ったバーディを2日目につなげることはできるか。2009年以来の大会制覇のためには、バーディラッシュが必要となる。(愛知県知多郡/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!