ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、まさかの池ポチャにギャラリーからは悲鳴も

2011/11/13 18:07


2009年大会に優勝し、それまで苦手意識の強かったグレートアイランド倶楽部(千葉県)を制した横峯さくら。今年の「伊藤園レディスゴルフトーナメント」では、初日に2バーディ、2日目も2バーディと、ボギーをたたかずに首位と2打差の通算4アンダー4位タイにつけていた。

そして最終日の1番でピンの右2.5mのバーディパットを沈め、3番パー5でも下り2mを沈めてバーディ。6番でもピンの奥から下りのデリケートなラインを読みきり2.5mを沈めついに首位を捕らえた。

その後も10番、12番でスコアを伸ばし、この時点で2位に2打差の単独首位を快走していた。ところが、16番、17番で連続バーディを奪った藤本麻子が、横峯の10アンダーに並ぶと、最終18番の2打目はグリーンの左方向に飛び、水しぶきが上がると大ギャラリーから悲鳴が上がった。それまでの53ホールでボギーをたたかぬ安定したゴルフを続けていただけに、ギャラリーも“まさか”という表情を一様に浮かべていた。

「本当にバカだなという感じで・・・」。最終日の最終ホールでダブルボギーをたたき、単独3位に終わった横峯は自分のことを卑下する。「クラブの選択ミスです。残り170ヤードを11番ウッドで打ちましたが、6番アイアンが良かったですね」。

6月に「リゾートトラストレディス」の最終ホールで大城さつきがミスをして優勝を手にした横峯が、その逆に掴みかけていた優勝を自らのミスで手放してしまった。「本当にゴルフは最後まで何が起こるかわかりませんね。それを実感しました」と、しみじみと語る。

今大会で優勝を果たしていれば、逆転での賞金女王獲得のチャンスも少し見えてきたが、この結果、2年ぶりに賞金女王を奪回するためには、次週、そして最終戦と2試合連続優勝が最低条件となってしまった。(千葉県長生郡/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。