ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

さくら、惜敗した昨年と同じ7打差で最終日へ

首位に9打差の7位タイからスタートした、横峯さくらの「日本女子オープン」3日目。首位を追うには前半からバーディを重ねたいところだったが、「パットが何回かカップに届かないことが多くてもったいなかった」と、グリーン上で苦戦。3番、5番でボギーを叩き、逆にリードを広げられてしまう。

前半は16パットと大いに苦しんだが、徐々にパットのフィーリングを掴み始め、9番、10番と連続バーディを奪う。前半のボギーを帳消しにすると、13番、16番でもバーディを重ね、再び上位に再浮上。最終ホールはボギーとしたものの、最終的に1ストローク伸ばし、通算1アンダーの5位タイに浮上した。

3日目を終えて首位と7打差は、奇しくも昨年大会と同じストローク差。首位も、同じ宮里美香だ。7ストローク伸ばしてプレーオフに進んだ昨年の例があるだけに、まだまだ何が起きるか分からないと言えるだろう。プレーオフで敗れた昨年のリベンジを果たすチャンスは、まだ残されている。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!