ニュース

米国女子レクサスカップの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 レクサスカップ
期間:12/15〜12/17 場所:タナメラGC ガーデンコース(シンガポール)

連日のポイント奪取で勝利に貢献! 新しい仲間と喜びを分かち合う!

2006/12/17 18:00


前日、ホールアウト後に「明日は一番いいプレーをしますよ!」と公言した横峯さくら。初日、2日目とパートナーとのチーム戦が続いたが、この日はマッチプレー方式の個人戦。勝負強さを自認する横峯が、燃えないわけがない。

この日、横峯は9組目のスタート。相手は百戦錬磨のベテラン、ローラ・デービースだ。実は横峯がプレーしている最中、アジア選抜のリードはわずか1ポイント差にまで詰められていた。横峯の勝敗の行方が、そのままチームの勝敗を左右する状況だったのだ。

<< 下に続く >>

そんな立場を知ってか知らずか、横峯のエンジンはスタートから全開だった。「最初からバーディを狙っていこうと思っていた」という横峯は、1番、2番、3番で連続バーディを奪うロケットスタート。いきなり3UPのリードを確保する。6番パー4をダブルボギーとして2UPとされるが、ローラも焦りからか思うようにスコアを伸ばせない。結局、序盤の先制パンチが功を奏し15番を終えた時点で4UP。16番以降を回らずして早々と勝利を掴み、チームにとって貴重な1ポイントを獲得した。

最終的に、アジア選抜が世界選抜に1ポイント差で勝利。横峯の奪ったポイントが、チームの勝利に大きく貢献する結果となった。「今日はショットも噛み合って、パットも入って、3日間で一番いいプレーが出来たと思います」と、有言実行を見事に果たした横峯。「最初は日本人1人で心細かったけど、チームの皆さんが気を遣ってくれて話しかけてくれたりして。3日間、とっても楽しかったです!」と、チームにすっかり溶け込んだ様子で勝利の喜びを分かち合っていた。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 レクサスカップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!