ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

39位タイも「あと2試合、調整して頑張る」

2006/11/12 18:00


国内女子ツアー、伊藤園レディスゴルフトーナメント最終ラウンド(12日、千葉県、グレートアイランド倶楽部)に臨んだ横峯さくらだったが、池ポチャ2回などショットに精彩を欠き、8オーバー「80」でホールアウト。通算5オーバーの39位タイで大会を終えた。

苦手コースで、横峯が不甲斐ないプレーを見せてしまった。この日は1番でいきなりボギーを叩くと3番もボギー。悪い流れで乗り込んだ7番ではティショットを池ポチャ。ダブルボギーとすると、8番ボギーの後の9番でも池に入れボギーと、前半で6オーバーとずるずる後退した。後半に入り2つのバーディを奪ったものの、波に乗れず12番と16番でダブルボギー。結局8オーバー「80」と、前日掲げた目標の60台には遠く及ばなかった。

<< 下に続く >>

時折吹く強風とショットが安定しないことが、大叩きの原因。他選手よりもアイアンの弾道が明らかに高いことで、風の影響をもろに受けた。ティショットでフェアウェイをとらえてもアイアンが「右に右に行ってしまって」スコアメイクができない。「風に強い球が打てなくて、距離の計算も間違えたりしていました」。

この日の気温は、強い北風の影響で14度。初日より10度も低く、病み上がりの横峯には、特に厳しいコンディションになった。その上、舞台は昨年も80を叩いた苦手コース。「やっぱり自分には、このコースは向いていない」。前日まで通算3アンダー13位タイとまずまずの成績だっただけに、大叩きのショックを隠し切れない様子だった。

それでも、年間3勝の目標は捨てていない。昨年の最終戦では3位に入った実績もある。風に強い球を打つという課題も見つかった。「あと2試合、調整して頑張りたいと思います」。向上心があれば、目標達成の可能性は大きく広がる。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!