ニュース

国内女子ミズノクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

横峯、32位タイも「飛距離的には勝てる」

2006/11/05 18:00


5日に行われた国内女子ツアー公認のミズノクラシック最終ラウンド(三重・賢島CC)に臨んだ横峯さくらは、2アンダー70でホールアウト。前日の不調を脱し、通算3アンダー32位タイで大会を終えた。

40位タイから巻き返しを狙ったこの日、10番からスタートした横峯は、13番でバーディを奪うと、折り返した後の4番、7番もバーディ。8番こそボギーとしたが、3バーディ、1ボギーの2アンダー70。チャージはならなかったが、32位タイまで順位を上げ意地を見せた。初日から体調を崩す中でのプレーとなったが「3日間をアンダーパーで回れたのは良かった」と及第点をつけた。

「向こう(米国)とこっち(日本)でやるのとは雰囲気が違うので、あんまり米ツアーという気はしなかった」と大会を振り返るが、収穫もあった。特に飛距離には自信を持った様子。初日には、同組だったローラ・デービーズ(英)をオーバードライブ。「飛距離的には勝てそう」と得意の飛距離が世界に通じることを確認した。

課題も挙げた。米ツアー選手のレベルの高さを痛感したほかに「(自分の)飛距離を生かしてきれていない」。前週から2本のドライバーをバッグに入れる一方で、今大会から5番からPWまでアイアンを重量が軽いものにチェンジした。まだ距離感が合わないが、今後はアイアンショットやアプローチの精度に磨きをかける。

ツアーも残すところあと3試合。今季は2勝したが、目標まではあと1つ足りない。「どこかで勝ちたい」。今週の経験を糧に、横峯がラストスパートをかける。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 ミズノクラシック




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。