ニュース

国内女子We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「ロングでバーディ・・・明日からはそれを狙います」と攻略法を見い出す!

2006/06/08 18:00


国内女子ツアー第13戦「We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント」が、兵庫県の六甲国際GCで開幕。横峯さくらはパーでしのぐ我慢のゴルフを展開した。最終的にはトップと3打差のイーブンパー、11位タイでホールアウトしている。

10番スタートの横峯は、出だしでいきなりバーディを奪ったが、続く11番をボギーとしてしまう。この時、一瞬嫌な空気が漂ったものの14番ロングで盛り返す。このホール、ティショットを左の斜面に打ち込んだ横峯は、つま先下がりのライから、目前の木越えをナイスリカバリー。続く残り170ヤードの3打目はグリーン奥のラフに捕まったものの、そこからピッチングウェッジで、チップインバーディを決めた。ところが、これで波に乗るかと思われた矢先、16番でまたもボギー。後半に入ってからもパープレーとなり、結局スコアは伸ばせなかった。

<< 下に続く >>

「自己評価は70点です。今日は何でもないところで、ドライバーが右や左に行っちゃいました。ショット、パットともに感触は悪くないんですが・・・。パッティングでは、ラインの読みが甘かったかも知れません。本当はロングでバーディといきたいのですが、チャンスにもつかない状況ですね。明日からは、そこを注意してやりたいです。まずは予選通過が目標です」

こう謙虚に語る横峯だが、各選手のスコアが伸び悩んでいる中、首位と3打差は十分優勝が狙えるポジション。明日以降、どんなプレーを見せてくれるのか期待は膨らむ。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!