ニュース

国内女子ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、直接対決に敗れて2位タイ

2009/09/06 19:04


「ゴルフ5レディス」最終日を首位タイで迎えた横峯さくら。首位タイとはいえ、同スコアに5人が並ぶ混戦を制するには、やはり多くのバーディを奪っていくしかない。

2日続けて諸見里しのぶと同組になった横峯は、序盤から激しいつば迫り合いを見せる。3番で諸見里より先に6mを沈めてバーディとすると、4番では二人仲良くボギーを叩いたが、続く5番パー5で3打目を1mにつけるバーディチャンス。先にグリーンの外から諸見里がチップインを決めたが、冷静に横峯も入れ返した。

7番では1.5mにつけた諸見里の後から、その内側につけるナイスショットでバーディを奪い、前半を終えて通算10アンダー。10番までに7つスコアを伸ばした佐伯三貴が通算12アンダーで首位に立つ中、首位とは2打差でサンデーバック9へと突入した。

10番は471ヤードと距離の短いパー5。2オンも可能でバーディ以上が計算出来るホールだが、横峯はこのホールのティショットを右のラフに入れてしまう。グリーンを狙って9Wで放った第2打は大きくショートして50ヤード手前に落ち、そこから5mにつけたものの2パットのパー。「10番で獲れなかったのが、一番もったいなかった。ティショットをしっかりフェアウェイに運んでいればバーディも獲れたと思うけど、まだまだです」と、勝負所でのドライバーのミスを悔しがった。

15番、16番と連続バーディを奪ったものの、優勝した諸見里しのぶには前半、後半と1個ずつ差をつけられて、終わってみれば2打差の2位タイ。「チャンスはあったけど、それを決められなかったです。カップに蹴られたり、全体的に運も向いてなかった」と、半ば諦め顔で振り返った。

それでも、来週のメジャー大会へ向け、「準備は整ってきています」という横峯。「モチベーションは高めなので、しっかり冷静に、1打1打自分のプレーが出来ればいいと思う」と、今週の2倍以上の優勝賞金の掛かった大一番で、次こそはトップを狙う。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。