ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

“備えあれば憂いなし”首位と2打差の好スタート!

2007/09/27 18:42


国内メジャー第2戦「日本女子オープン」の大会初日、首位と2打差の2アンダー、8位タイと好スタートを切った横峯さくら。練習ラウンドでのひらめきが、いきなり効を奏した。

ラフが深く距離も長いこのコース。ラフからアイアンで打つと、「きちんと芯に当たらないと飛距離が出ない」と悩んだ横峯は、練習ラウンドの途中で契約メーカーの担当者に、急遽7Wと9Wを作って貰った。しかし、昨日コースで試せたのはわずかに3ホールだけ。それでも練習場では違和感がなかったと、この日のバッグに新しい2本のウッドを入れて臨んだ。

<< 下に続く >>

「ラフに入るのを前提にして7Wと9Wを入れたので、安心してラウンド出来ました。ティショットを入れても次で出せるから、思い切っていけましたね」と、この日は迷い無く振り切ったドライバーが好調で、フェアウェイを外したのはわずかに2回。要注意と話していた3番ホールでは、ティショットを右のラフにいれ、そこから9Wを使ってパーオンに成功してパーセーブ。「うまく行きました」と振り返った。

今年は、「クラフトナビスコ選手権」「全米女子オープン」と米国本土での試合にも出場したが、「その時はコースが短かったから(ウッドの)必要性は感じなかったです」という横峯。今回は自身で気付き、セッティングを変えるという“成長ぶり”を発揮した。

初日2アンダーのスタートは、目標としていたイーブンパーを上回り、「貯金が出来ました」と喜んだ。自身初の女子オープンタイトル獲得に向け、まずは好スタートだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!