ニュース

国内女子ライフカードレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「もう少しパットが入ってくれれば…」さくら、じわり浮上

2008/04/19 20:25


初日は3オーバーと出遅れた横峯さくら。歴代チャンピオンの一人として巻き返しを果たすべく、8:43に1番ティからスタートした。

早速、1番でピン下1.5mにつけたが、このパットはカップの右を抜けてバーディチャンスをものに出来ない。さらに、3番パー3でティショットをグリーン左に外すと、アプローチで1.5mに寄せたが決められずにボギーとし、ストレスの溜まる立ち上がりとなってしまう。

この重苦しい雰囲気を打ち破ったのが、続く4番パー5。ティショットをフェアウェイに置いた横峯は、エッジまで220ヤードの第2打を3Wでピン横10mに2オンさせる。この長いイーグルパットは、ラインに乗ってカップに向かい、思わず横峯も「行けー!」と叫ぶと、ジャストタッチでカップに消えてイーグル奪取。どっと沸いたギャラリーの歓声に、横峯は嬉しそうに右手を上げて応えた。

その勢いのままに続く5番でも4mを沈めてバーディを奪った横峯は、1オーバーまでスコアを戻した。だが、6番以降は再び我慢のゴルフとなってしまう。「ショット自体は悪くないけど、5~6mのパットが一回も入らなかった」と、12番までパーセーブを続けたが、13番パー3ではグリーンをオーバーして寄らず入らずのボギー。17番ではティショットを左に曲げ、アプローチで2mにつけたものの決めきれずにボギーとした。

「パットさえもう少し入ってくれれば」とうなだれる横峯だが、「明日こそアンダーパーで回れるように頑張りたい」と、コースに対するリベンジを誓った。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ライフカードレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。