ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

6位タイのさくら、「慰めは要らないです」

2008/09/12 20:55


「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」2日目の横峯さくらは、条件の良い午前スタート。朝日の綺麗な7時18分に、1番ティからスタートし、1オーバーからの巻き返しを目指した。

その1番パー5。ティショットをフェアウェイ真ん中に置いた横峯は、ピンまで210ヤードの第2打を3Wで2オン狙い。ピン筋に飛んだ球は、下3mにピタリと止まった。これをきっちり沈めた横峯は、わずか1ホールでアンダーパーの世界に入った。

3番では第2打を2mにつけてバーディ奪取。さらに8番でも2mを沈めてバーディとし、通算3アンダーへとスコアを伸ばす。しかし、9番パー5のティショットは大きく右へ出て木に当たって林の中へ。木の枝の下を通した第2打は、フェアウェイで止まらずに反対側のラフまで行き、3打目はグリーンに届かず手前ラフ。しかし、そこから30cmに寄せるナイスアプローチを見せ、このホールをパーで切り抜けた。

だが、この9番のティショットが尾を引いた。「変な感じがボールに伝わってしまった」という10番は、ティショットを右の林に入れてしまう。そこから出すだけとなり、3打目で7mにつけるが2パットのボギー。15番のティショットも再び右の林の中へ入れると、今度は1打で出し切れず、ラフからの3打目もグリーンを捉えられない。残り30ヤードの第4打で2mにつけたが、これを2パットしてダブルボギーとしてしまった。

「ティショットをフェアウェイに置くことを意識して、前半は凄く良かった分攻めることが出来たけど、後半はティショットから崩れていった感じですね」という横峯。32-39の「71」と、一つスコアを伸ばして通算イーブンパーの6位タイにつけたが、得意のドライバーが乱れたことで、満足感は少なかったようだ。

ピン位置も難しく、スコアを伸ばすことが困難に思われた大会2日目。目標のアンダーパーを出した横峯に、結果的には上出来では?と尋ねると、「それって慰めですか?慰めは要らないです。明日頑張ります!」と、いつにも増して強気な言葉が返ってきた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。