ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

さくら、良郎効果で9位タイへ浮上

2008/10/04 18:49


「日本女子オープン」3日目、朝の練習場には横峯さくらの父・良郎氏の姿があった。朝一の新幹線で新潟に駆けつけた良郎氏は、娘の為に秘策を用意していた。

「(背中と左手をつなげる)ゴムとか、(20cmの特製)ティとかは、右に行かせない為の道具で、それで最近はフェードが出なくなっていた。それは良いことなんだけど、このコースはフェーダー向きだから」と良郎氏。右足の踵でティを踏んづけたまま打つことを指導し、持ち球のフェードが出るように微調整した。

スタート前に始めて取り組んだ練習で、「右足を意識してショットした」という横峯。1番のティショットは右のバンカーに入れたが、良郎氏は「想定内」。第2打はグリーン奥のラフまで転がってしまい、このホールをボギーとした。「最初はちょっと違和感があった」という横峯だが、右足とともに、体が早く起き上がらないように意識すると、ショットは好調さを取り戻した。

4番でバーディを奪うと、その後は9番、13番、16番でバーディ奪取。最終18番も3打目をピン右2mにつけてバーディフィニッシュとし、この日は5バーディ1ボギーの「68」。通算3オーバーへと盛り返し、順位は9位タイへと浮上した。

早朝の雨でグリーンは軟らかくなり、「だいぶ止まってくれたので、昨日に比べて楽でした。ティショットはフェアウェイをキープ出来ているので、バーディチャンスも多かったです」と、予選2日間のモヤモヤを吹き飛ばす好ラウンドに笑顔を見せた。

トップとの差は4打差。「今日みたいなグリーンコンディションだと追いつける可能性はあるけど、明日にならないと分からないので…」と、逆転優勝に向けては言葉を濁した。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。