ニュース

国内女子ミズノクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、1アンダーとまずまずの滑り出し

2008/11/07 18:44


日米両ツアーを兼ねた「ミズノクラシック」の初日。横峯さくらは、飯島茜サンドラ・ガルと共に9時10分に1番ティからスタートした。

序盤はパープレイを続けた横峯。しかし、6番のティショットは左ラフへ。続く第2打もグリーン右のラフに外し、左足下がりの斜面からアプローチする。しかし、このショットはピンをオーバーし、僅かにグリーンからこぼれてしまう。4打目のチップショットは惜しくもカップをかすめて、このホールをボギーとすると、折り返した10番では3パットのボギーを叩き、一時は2オーバーへとスコアを落とした。

「1つのボギーは仕方ないなって感じでしたが、10番は3パットをして、もったいなかったです。1m位を外してしまって…。リズムが早くなる悪い癖が出てしまいました」。

しかし、中盤以降はショットの乱れも修正され、迎えた495ヤードの13番パー5。緩やかな打ち下ろしホールで第2打をグリーン奥に運ぶと、続くアプローチで2mに寄せてバーディ奪取。その後も15番パー4でピン左9mからのバーディパットを決め、最終18番でも第2打をピン左2mにつけてバーディを奪うなど、3バーディ2ボギーの「71」、通算1アンダーで宮里藍と並ぶ20位タイと、まずまずの滑り出しとなった。

「最初の方にチャンスがあったけど、決めることが出来なくてもったいなかった。でも、最後の方にバーディが来てアンダーパーで回れたので、明日頑張ればいいかな」という横峯。トップも思った以上にスコアが伸びず、首位と4打差はまだまだ巻き返しが可能な範囲だ。

別会場では、姉の留衣がセカンドQTを通過し、「いつもセカンドが通らないので、とりあえず良かったです」と、我がこと以上に喜んでいた横峯。姉の次は、自分の番と行きたいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ミズノクラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。