ニュース

米国女子カパルアLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 カパルアLPGAクラシック
期間:10/16〜10/19 ベイコースカパルアリゾート(ハワイ州)

桃子のガッツUSA!!

桃子25位タイ「課題は見えた」

2008/10/18 18:30


「カパルアLPGAクラシック」3日目の上田桃子は、10番スタートの第1組。9:54に誰にも踏まれていない綺麗なコースへ、颯爽とティオフした。

早速、出だしの10番パー5でピン上2mのバーディチャンスにつけた上田。しかし、ファーストパットを1mオーバーすると、返しも外して3 パットのボギーとしてしまう。続く11番でも、アプローチで1.2mに寄せたが、これを外して連続ボギー。しかし、12番パー3で1mにつけてバーディを取り返すと、13番では8mのパットを沈めて連続バーディで盛り返した。

この日は出入りの激しいゴルフとなった上田。結局、5バーディ4ボギーの「71」と、ひとつスコアを伸ばして通算1オーバーとし、首位とは6打差の25位タイで3日目を終えた。

「早いスタートで風が無い中だったのでバーディが沢山獲れたけど、ボギーも沢山打ってしまいもったいなかった。今日の出だしのボギー、ボギーも防げるミスだった」という上田。今週は5つあるパー5のうち、この3日間でバーディを獲ったのは15番での2回だけ。「100、110、120ヤードが自分の課題です」と、パー5の3打目でしっかりと距離感を出せていない事が、伸ばせていない原因だ。

「アメリカではロングでの1打が流れを作る。日本では凡ミスをしても、勝ってしまえば忘れてしまうことが多いけど、ここでは絶対だめですね」。層の厚いアメリカツアーで、1打の重さを改めて痛感することとなった上田。優勝争いには届きそうにないが、「1日ずつ良くなっているので、ビッグスコアを出したいです」と、最終日に向け、再び気持ちを締め直した。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 カパルアLPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。