ニュース

米国女子スタンフォード・インターナショナル・プロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 スタンフォード・インターナショナル・プロアマ
期間:04/24〜04/27 フェアモントターンベリーアイルリゾート&クラブ(フロリダ州)

桃子のガッツUSA!!

桃子、3アンダーで首位タイスタート

2008/04/25 09:30


米国女子ツアー第9戦「スタンフォード・インターナショナル・プロアマ」がフロリダ州にあるフェアモントターンベリーアイルリゾート&クラブ開幕した。初日を終え、通算3アンダーで上田桃子が首位タイにつけている。

この日はパー71のソファーコースをラウンドした上田は、前半の2番で10mを沈めてバーディとすると、3番をボギーとしたものの、5番で3mを沈めて1アンダー。続く6番パー5では、2オン狙いで奥のカラーまで運ぶと、そこから2パットでバーディ奪取。前半を2アンダーで折り返した。

後半に入り、14番でバーディを奪ったが、15番パー3でグリーンを外して寄らず入らずのボギー。16番ではティショットを右のバンカーに入れ、グリーンは狙えずに前に出すだけ。3打目で5mにつけたが、このパーパットを決められず連続ボギーとしてしまった。

迎えた17番パー3。PWで打ったティショットは「良いショットだった」というものの、グリーンをオーバーして奥のラフまで飛んでしまう。だが、そこから残り15ヤードを直接チップイン!ピンチを切り抜けると、最終18番パー5でも、3打目で3mにつけて連続バーディで締めくくった。

「(17 番は)入るとは思わなかったけど、ティショットが良かったので、必ず成功すると思ってやった。17番が取れなかったら、18番も取れなかったと思う」という上田。懸案だったパッティングも、「入れたい気持ちがあったので、手上げになっていた。調子が良い時は、入ると思って打てていて、今日はラインを決めて思ったとおりに打てた。入るとのが続くと自信にもなる」と明るさが戻ってきた。

アマチュアとのラウンドにも「はじめは戸惑ったけど、パートナーに助けられてリラックスできた」と笑顔を見せる。トップタイの好スタートにも「まだ初日ですから」と焦りはない。明日も同じメンバーでのラウンドで、上位キープを目指す。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 スタンフォード・インターナショナル・プロアマ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。