ニュース

米国女子HSBC女子チャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 HSBC女子チャンピオンズ
期間:03/05〜03/08 場所:タナ・メラCC(シンガポール)

桃子のガッツUSA!!

最後まで反省が尽きない桃子、18位タイで終える

2009/03/08 00:00


シンガポールで開催されている「HSBC女子チャンピオンズ」最終日、上田桃子は通算1アンダーの21位タイの位置で、1番ティからスタートを切った。この日も強い日差しが照りつけ、「今日1日はとても暑くて、我慢の1日だった」と振り返る上田は、プレー内容も本来の調子からは程遠く、序盤から伸び悩む展開が続く。

3番パー3でボギーを叩くと、その後も「100ヤード以内が寄らないし、安定していない。もったいないし、プロとして情けないと思った」と8番までパーが続く展開。9番、12番でバーディを奪うが、続く13番、3日目に課題に挙げていたパー5でボギーを叩き、流れを引き戻せない。それでも最終18番はバーディであがり、この日1アンダー。通算2アンダーの18位タイに浮上して大会を終えた。

<< 下に続く >>

日本人としては最高順位でのフィニッシュだが、これまでの3日間と同様に、上田から笑顔は見られない。「4日間で、1日はビッグスコアを出したかった。5つ、6つ、最終日でもいいから出したかった」。今週苦しんだパットに対しても「パットを入れるためには芝目の読みというのもあるけど、優勝争いをするためには全体的に安定性が必要だと思った」と、反省点を自らに言い聞かせていた。

「この大会は色々なことを勉強させてくれたし、練習の仕方も改めて教えてもらった。次の試合まであまり日も空かないので休養をしっかりと取りつつ、トレーニングを欠かさず、準備をして次の試合に臨みたいです」。ここで得た課題を1つずつクリアにし、次戦では持ち前の爆発力を見せて欲しいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 HSBC女子チャンピオンズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!