ニュース

米国女子J GOLFフェニックスLPGAインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

桃子、アニカの元キャディとの新コンビも不発

2009/03/27 00:00


米国女子ツアー第5戦「J GOLFフェニックスLPGAインターナショナル」の初日、米国アリゾナ州のパパゴGCには、午後から強烈な風が吹き始めた。その影響で、選手達は何度も仕切り直しを強いられるなどプレーに時間が掛かり、最終的には10名の選手がホールアウト出来ずに日没サスペンデットとなっている。

この日の上田桃子は、風の影響をもろに受けた12時18分という遅いスタート。去年までアニカ・ソレンスタムのキャディを務めたテリー・マクナマラ氏とのデビュー戦となったが、初日は苦しい一日となってしまった。

<< 下に続く >>

出だしの1番こそバーディ発進としたものの、2番、4番とグリーンを捉えられずにボギーとしてしまう。続く5番でも2打目をグリーン奥のバンカーに入れると、1打で出ずに、4打目で90cmに寄せる。しかし、これを外してダブルボギー。続く6番で7mを沈めてバーディを取り返したが、9番でもボギーとした上田は、前半を3オーバーで折り返した。

まだ英語があまり得意でない上田は、キャディとのコミュニケーションも滞りがち。「自分はキャディと話しながら回っていくタイプだけど、会話が出来ないので考える時間が多くなってしまった」と、新しいパートナーとの関係もこれから構築していかないといけない。

折り返した後半はバーディを奪えずに、2ボギー1ダブルボギーとスコアを落とし、結局この日は7オーバーの「79」。「凄く長い一日でした」と、苦しそうに振り返った。「(テリーとは)緊張はしていなかったけど、流れが掴めなかった」という上田。ショートパットを外す事も多かったが、流れが悪い時は噛み合わせも悪くなる。「去年とか今年を見ても、こんなに悪いラウンドは無かったと思う」と、落胆を隠せなかった。

だが、外人キャディの採用は自ら決断して、選択したこと。「英語力は自分の頑張り次第。先を見据えたものだし、良いアドバイスも貰えました」とポジティブな要素もある。早い時間のスタートとなる2日目にどこまで巻き返せるか、注目だ。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 J GOLFフェニックスLPGAインターナショナル




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!