ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

石川遼、最終組を逃すも2位タイで最終日へ

単独首位の藤田寛之を6打差で追い、3位タイで迎えた「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の3日目。石川遼は、少しでもその差を詰めようと攻めのゴルフを誓った。しかし、同じ最終組でラウンドした藤田のゴルフに「つねに流れの中心にいたのは藤田さんでした。自分はエネルギーを消耗するラウンドになってしまった」と、藤田の攻めのゴルフを上回ることができなかったことを悔やんだ。

前半は6番で6mのイーグルパットを惜しくも外したバーディ1つ、後半は10番で2打目をグリーン左サイドの崖下に打ち込みボギーをたたくなど、今ひとつ勢いに乗れなかった。12番で2.5mのバーディを沈め、16番は上り5mを強気で打ってバーディ。17番パー5では打ち下ろしのティショットを373ヤード飛ばして、2打目はピッチングウェッジで2オンさせたが、イーグルパットが決まらずバーディ。

そして最終18番パー3は、ティショットをグリーン左奥のラフに打ち込み、アプローチでピン下2.5mに付けたがパーパットはカップに届かずボギーフィニッシュとなった。「最後はパーなら最終組に入れるとわかっていて、(ティショットで)つい力が入ってしまった。アプローチは良かったのに、パッティングは強気で行けなかった」。途中も何度かカップに届かないパッティングがあったが、大事な場面でも出てしまった。

それでも、首位とはスタート時と変わらず6打差。通算9アンダーの2位タイに順位を1つ上げて最終日を迎えることになる。「試合前の自分の中では、優勝スコアを12、13アンダーと設定していたけど、藤田さんはそれを遥かに超えるゴルフをしている。最終日は7アンダーぐらいが必要になるけど、自分はそれを目指してやるだけ」と、逆転優勝を諦めずに国内ツアーの最終戦最終ラウンドに挑む。(東京都稲城市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。