ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、15位で最終日へ「アグレッシブに行く」

2011/11/26 17:16


高知県のKochi黒潮カントリークラブで行われている国内男子ツアー第24戦「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」3日目。1オーバーの24位タイから出た石川遼は6バーディ、3ボギーの「69」で回り通算2アンダーの15位タイで最終日を迎えることになった。

猛チャージをかけたいムービングデー。しかし石川は前半にスコアを落とす展開となった。グリーン左奥にカップが切られた2番(パー3)、4番アイアンでのティショットはグリーン右手前に着弾。20メートル近いバーディパットを残し、結局3パットでボギーが先行。3番では第2打をグリーン右にこぼして2連続ボギーをたたいた。

4番でバーディを取り返すが、6番では右ラフからの第2打が目の前の木に当たるトラブルもあり、またしてもボギーとする。右へ飛び出すドライバーショットが続き、7番(パー5)ではティグラウンド上で苛立ちをあらわにした。しかしこのホールは、その後の第3打できっちりとピンそばにつけてバーディを奪うと、9番までの前半上がり3ホールを3連続バーディとして折り返した。

周囲の心配をよそに「そんなに不安は無かった。いつかは良くなる、それは自分次第だと思っていた」と冷静だった石川。徐々にショットのキレが戻った後半。13番でフェアウェイからの第2打をピンそば1メートル以内につけ、続く14番は奥カラーから下りのラインに乗せて2連続バーディとする。15番からの上がり4ホールでは、いずれも3メートル以内のチャンスを作りながらも、惜しくもパットでバーディを逃したが「チャンスを多く作れた。ミスパットではなく、良いパットをしていた」とラウンド直後の表情は晴れやかなものだった。

予選ラウンド2日間はアプローチで耐えるゴルフが続いていたが、3日目にして本来の攻撃的プレーを披露。居残り練習を続けながら、体重移動の大きなスイングを構築するため日々模索している。トップとの差は9打差と逆転優勝、そして賞金王奪還へは厳しいポジションとなった。それでも確かな手応えに「とにかく今日のようにアグレッシブに行きたい。この位置でも諦めずにやっていく」と自然と言葉に力が入った。(高知県芸西村/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。