ニュース

米国男子ザ・プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ザ・プレジデンツカップ
期間:11/17〜11/20 ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

石川遼

遼とエルスは中盤から失速、4&2で敗北

「ザ・プレジデンツカップ」2大会連続の出場となる石川遼は、開幕の華々しい雰囲気に包まれる中、アーニー・エルスとともにトップスタートのティグラウンドに立った。初日は互いに1つのボールを打ち合うフォアサム。奇数ホールのティショットを担当する石川は、世界選抜のオープニングショットとなる第1打をアイアンでフェアウェイに運ぶ無難なスタートを切った。

対するは、米国ツアーで今季2勝ずつを挙げているバッバ・ワトソンウェブ・シンプソン。「緊張していたけど、そんなこと言っている場合じゃない」。序盤はその気概がプレーにも宿り、難敵を相手に主導権を握る。

1番をパーで分け合うと、2番(パー5)ではエルスがバンカーから寄せた1.5mのバーディパットを石川が沈めて1UP。続く3番(パー3)では石川がティショットをダフり大きくショートするが、エルスが絶妙なアプローチでピンに寄せてイーブンに持ち込む。さらに、石川が「風に迷った」と番手を決めかねていた4番の2打目。「アゲンストだと思って7番を持ったけど、エルスが“上空はフォローだから飛んでいく。リョウなら8番で完璧だ”と言われた」。その2打目はピン奥2mにピタリと寄り、エルスが沈めてバーディ。絶妙のコンビネーションでリードを2UPに広げた。

しかし、ここから米国選抜が反撃に転ずる。5番、6番とバーディを奪われオールスクエアに戻されると、7番もDOWNを喫して一気に逆転を許す。「平均以上のプレーができたと思うけど、相手が強すぎた」。その後はワトソンとシンプソンからUPすら奪えず、15番を終えて3DOWN。16番でエルスが6mのバーディパットを外してコンシードし、2ホールを残して4&2で敗北を喫した。

ポイント獲得はならなかったが、「パートナーについては申し分ないです。僕のプレーを分かってくれているし、声をかけられるとホッとする」と、エルスへの信頼はさらに増した様子。明日のフォアボール(互いに別々のボールでプレーし、良い方のスコアを採用)でもエルスとのペアに決まり、再びトップからのスタート。さらに相手も同じワトソンとシンプソンと、リベンジの舞台は整えられた。この日は、ホールアウト後に2時間の打ち込みを慣行。世界選抜の一員としての誇りと重圧を背に受け、一球一球、すべてのスイングに全力を注いでいた。(メルボルン/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ザ・プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。