ニュース

国内男子韓日プロゴルフ対抗戦 ミリオンヤードカップの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、2打差で白星。最終日に一矢報いる

男子プロゴルフの日韓対抗戦「ミリオンヤードカップ」は3日(日)、韓国・釜山近郊のチョンサンカントリークラブで最終日のシングルス・ストロークプレーによる10試合を行った。日本チームは韓国に3日間の総ポイント数で敗れ、連覇はならなかったが、石川遼は5バーディ、1ボギーの「68」をマーク。カン・キュンナムを2打差で破り、今大会で自身初白星を挙げた。

ダブルスで争われた2日間で苦杯をなめた石川が、最終日に意地を見せた。相手のカンに対し序盤から安定した攻めで3番までパーを並べると、4番からギアをトップに入れた。右ラフからの第2打をピン奥2メートルにつけて最初のバーディを奪うと、続く5番(パー5)では確実に1.5メートルのバーディパットを沈める。さらに6番では左ラフからピン右1メートルにピタリ。直後に雷雨の影響で約1時間の中断を強いられたが、再開後の7番でも勢いは止まらず、右ラフから2メートルにつけて、怒涛の4連続バーディを奪って見せた。

「初日、2日目と足を引っ張った。今日だけでも取り返さないと、と思っていた」という必死の思いが序盤に結実。8番終了時で7打差。後半はカンも粘りを見せ、結局2打差での逃げ切りとなったが、前半の猛攻がものをいった。

それでもチームの連覇達成がならなかったこと、そして前半の大きなリードを保てず、最終ホールまで相手に粘らせてしまったことに唇をかむ。11番(パー5)でカンが起死回生のイーグルを奪ったところで、石川はパー。「(自分は)まだ甘いなと思う。相手をそういう(諦めない)気持ちにさせてしまった。僕がバーディであれば…」と、一気に勝負を決める “強さ”を自分に求めた。

連覇を逃し「韓国チーム全員の努力が、日本を上回った」と残念がる石川。1週間のオープンウィークを経て、次戦は7月14日開幕のメジャー第3戦「全英オープン」に挑む。プライドをかけた決戦の悔しさを胸に大舞台を戦っていく。【韓国・釜山/桂川洋一】

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 韓日プロゴルフ対抗戦 ミリオンヤードカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。