ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

2位の遼、薗田との同組対決に「ワクワク」

5アンダーの単独首位で「フジサンケイクラシック」2日目を迎えた石川遼。この日は、「得意ではない」というアウトコースからのスタート。その苦手意識が、序盤からプレーに大きく現れてしまう。

スタートホールの1番パー4。ティショットをフェアウェイに運んだが、残り95ヤードの2打目はトップ気味に当たり、グリーンオーバーして奥のラフへ。3打目のアプローチも再びグリーン奥にこぼれ、このホールを痛恨のダブルボギー。3番パー5では、2打目に直ドラを選択して見事に2オン。流れを呼び込んだかに見えたが、20メートルのイーグルトライから4パットを犯してボギーと、不穏な空気が立ち込める。

<< 下に続く >>

序盤から3ストローク落として追う立場になった石川だが、昨日スコアを伸ばしたインコースとの相性の良さは、この日も健在だった。11番、12番と4メートルを沈めて連続バーディを奪うと、距離が348ヤードに短縮された14番パー4ではドライバーを手に。ワンオンこそならなかったものの、残り35ヤードのアプローチを確実に寄せてバーディを奪う。後半に3ストローク伸ばし、最終的に通算5アンダーの2位タイ。首位に2打差と、優勝争いに踏み止まった。

この日は、祖父が応援のためコースに駆けつけ、「力になりました」と石川。さらに明日は、同じく5アンダーで並んだ高校の先輩・薗田峻輔と、最終組での直接対決が決まった。「トップ争い(での同組対決)は、ジュニアを含めて経験が無い。それだけでもワクワクしています」。大会連覇も含め、石川のモチベーションを上げる要素は多いようだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!