ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2010年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/12〜08/15 場所:ウィスリングストレイツ(ウィスコンシン州)

石川遼

遼、最後のメジャーは予選落ち!!

今季の海外男子メジャー最終戦の「全米プロ」に出場した石川遼が、通算6オーバーで予選落ちを喫した。2日目の日没サスペンデッド時点では、第2ラウンドを11ホール消化して5オーバー。残り7ホールを3日目の7時からプレーすることになっていた。

プレー再開直後の12番パー3でボギーを叩くが、13番でバーディ。さらに16番パー5では2オン狙いの2打目がグリーン左の斜面下へ。このアプローチをピン1mに寄せてバーディを奪った。残り2ホールで、予想される予選カットラインまでは3打差となった。

<< 下に続く >>

17番パー3は惜しくもバーディを逃して迎えた最終18番。ティショットをフェアウェイに運んだ石川が、2打目に手にしたクラブは、今大会何度も使用してきた0番アイアン。このショットがグリーン手前のバンカーに捕まり、3打目は脱出するのが精一杯。予選2ラウンドとも18番はダブルボギーとなる。

結果的に5打足りずに予選落ちとなった石川は「この予選落ちを今後の日本ツアーでの戦いに活かしたいと思います。新たな課題が明確になりましたので」と話す。石川の新たな課題とはアプローチとパッティングのショートゲーム。

今大会、ドライバーショットは比較的良かったという石川だが、アプローチで距離感をあわすことができず苦戦していた。アプローチで、ピンから1m以内に寄せたいところで、3m程度しか寄せられず、結果的に難しいパーパットを残すことが多かった。

2週間の米国遠征を終えて日本に戻る石川は「これで、長い移動をしての試合は、しばらくないので、日本ツアーの試合に集中できます」と、昨年の賞金王が日本ツアーに本腰を入れることを宣言した。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!