ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼は伸ばせず52位タイ。先輩薗田の初優勝を祝福!

ディフェンディングチャンピオンとして挑んだ今年の「~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック」。最終日の石川遼は、首位と7打差をつけられて10番ティからスタートした。

昨日の第3ラウンドが悪天候で中止になり、競技は54ホールへと短縮された。それでも、「全米オープン」から帰国してすぐに出場している石川の体から疲労は完全には抜け切らない。この日の前半もドライバーが左に行くことが多く、「足が止まっていたり、体が止まっているショットが何度かあった。初日の体のキレはすごく良かったけど、それを54ホール続けられなかった」と悔しそうに振り返った。

前半を3ボギーで折り返すと、後半は3バーディ2ボギーと一つスコアを伸ばしたが、通算イーブンパーの52位タイと、前日よりも順位を下げてホールアウト。「体力と一言でまとめるのは違うと思うけど、気持ちの弱さとかがあったと思う。ただ、予選を通過して、課題としていた体力はつけられました」と、懸命に前を見つめた。

この日は石川の高校の先輩、薗田峻輔がプロ転向後5試合目にして初優勝。薗田のホールアウトを待っていた石川はクラブハウス前で抱き合って喜びを分かち合った。また、ローアマチュアを獲得したのも、同じく杉並学院の後輩、浅地洋佑。「洋佑とか、薗田先輩に挟まれてやりたいと思うのですが、(そのチャンスを)逃しちゃうんですよね…」と残念そうな石川。それでも、「子供の頃、『自分たちが将来盛り上げるんだ』と話していた」という石川の夢は、着実に現実のものとなり始めている。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 ~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。