ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、ダボを克服し20位タイ発進!

火曜日に全米オープンから帰国し、水曜日のプロアマ戦に出場。ディフェンディングチャンピオンとして「~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック」を迎える石川遼のスケジュールはハードだが、伸び盛りの18歳にとってはこれもトレーニングのようなもの。米国で課題として残った体力アップの為に、むしろ喜んでこの状況を受け入れている。

大会初日の石川は、12時50分に10番ティからスタート。見せ場はすぐに訪れた。11番でティショットを右のラフに入れた石川は、残り123ヤードの第2打を「ライが良ければフライヤーの計算をしてAWを持ったと思うけど、ボールが沈んでいて逆に飛距離をロスすると思ったので、PWでフルショットをした」と、50㎝につけてバーディを奪いギャラリーの大歓声を浴びる。

続く12番では、第2打をグリーン手前のバンカーに入れたが、そこから22ヤードのバンカーショットを直接沈めてバーディ奪取。立て続けに飛び出す石川の美技にギャラリーは酔いしれた。

しかし、12番以降パープレーで迎えた18番。石川はティショットを右にOBしてしまう。「バーディを獲りたいという特別な意識が入って、タイミングが合わなかった」と振り返ったが、ショットのミスはこの1打くらい。このホールをダブルボギーとしたものの、後半も2つスコアを伸ばした石川は、大会初日を5バーディ1ボギー1ダブルボギーの「70」、通算2アンダーの20位タイで終えた。

「沢山のバーディチャンスを逃しながらのラウンドだったけど、その中で5バーディをしっかり獲れたし、全体的に内容は良かったです」と石川。ペブルビーチではドライバーを気持ちよく振り切れるホールが無かったというが、この日は「気持ち良く、今までの高いボールでマン振りが出来ました」と、喜んだ。

OBをした18番についても「もしあれがOBじゃなくて、うまくリカバリーしてバーディを獲っていたらミスを忘れたかも知れない。重くのしかかったミスの方が鮮明に記憶、頭に残るし、あのミスがあったから後半良いティショットを打てたのだと思う」と前向きだ。

昨夜10時間近く寝て時差ボケもほとんどないという石川。残り3日間、自身初の大会連覇に向けてまずは無難な立ち上がりと言えそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 ~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。