ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 全米オープン
期間:06/17〜06/20 ペブルビーチGL(カリフォルニア州)

石川遼

遼、「全米オープン」で得た新たな自信

2010/06/21 14:00


「全米オープン」最終日を、首位に9打差の通算3オーバー、7位タイで迎えた石川遼。「ベスト5という大きな目標を持っていた」との意気込みで臨んだが、この日は強い風と日に日に硬さを増すグリーン、シビアなピンポジションにも苦しめられ、グリーン周りでスコアを落とす展開となった。

スタートホールを3オン2パットのボギーとすると、短い4番パー4ではドライバーで放ったティショットを右に曲げ、今週初となるダブルボギー。さらに8番でもダブルボギーを叩くなど、この日1バーディ、6ボギー、2ダブルボギーの「80」。通算12オーバーの33位タイと大きく後退し、石川の初の「全米オープン」は幕を閉じた。

ホールアウトして最初に頭に浮かんだのが「トーナメントを戦って、こんなに疲れたのは初めて」という感想。ただでさえ難度の高いペブルビーチを、「全米オープン」仕様のセッティングに仕立てた今年の舞台。1打1打に緻密なマネジメントと集中力が求められ、心身の疲れはラウンドを重ねるごとに溜まっていった。

だが、かつてない疲れはメジャーの舞台で上位争いを続けたことへの代償。そして、その活躍が石川に新たな自信を植え付けた。「自分は『全米オープン』に向いていない、という先入観を払拭できたし、難しいコースを考え抜いて攻めるゴルフが楽しく感じました。1打1打をイメージし、考えに考えて攻めるゴルフが初めてできたし、これからのプレーに活きていくと思います」。今週は、1日に3ホールほどアイアンでティショットを打っていた石川。ホールごとに状況を把握し、時にはドライバー以外の最適なクラブで攻め、バーディを奪う。これまでとは根本が異なる石川の“攻めのゴルフ”、来週の「~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック」で見るのが楽しみだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。