ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼は4位タイに浮上、賞金ランクトップに返り咲き!

2009/11/15 18:14


「三井住友VISA太平洋マスターズ」最終日、石川遼は3日目が日没サスペンデッドになった影響により23ホールをプレー。第3ラウンドの残り5ホールは全てパーと伸び悩んだが、最終ラウンドで5バーディ、2ボギーと3ストローク伸ばし、通算10アンダーの4位タイに浮上。45位タイに終わった池田勇太を逆転し、約550万円差をつけて賞金ランクトップに返り咲いた。

「プレー中は(賞金を)意識していなかったけど、終われば他の選手の順位が気になりますし、徐々に賞金王を目指そう、という気持ちになりつつありますね。残り3試合も全力でプレーしたいと思います」と、タイトル獲得に向けて意欲的な言葉が続いた。その上で、「あと3試合は賞金も高額ですし、自分が有利だとは思わない。池田さんだけを意識しているわけではありません」と、自身への戒めも忘れていなかった。

賞金ランクトップ奪還と合わせ、プレー内容でも残り3試合に弾みをつける収穫を得た。まずは、先週から徹底的に練習してきたロブショットの精度。15番パー4ではセカンドが15ヤードほどグリーンをオーバーしたが、ロブショットでベタピンに寄せてパーセーブ。さらに17番パー3では、グリーン左ラフから同様に1.2メートルに寄せてボギーのピンチを凌ぐなど、着実に石川の“武器”となりつつある。

ショットでは、最終18番パー5の会心の一撃だ。強いフォローの風が吹く中、「振るしかないな」との気持ちを込めてフルスイング。「このコースを回った中で一番飛んだ」という飛距離は、風にも乗っておよそ360ヤードのビッグドライブとなった。残り155ヤードのセカンドで使用した番手は、何とPW。ピン左6メートルに楽々と2オンさせ、4日間の戦いをバーディで締めくくった。「まさか(セカンドを)PWで打てるとは思わなかった」と、自身も驚きの1打。上昇気流に乗って迎える残り3試合、史上最年少となる賞金王のタイトルに、また一歩近づいたと言えるだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。