ニュース

国内男子コカ・コーラ東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、気持ちを切らさず5ストローク伸ばして暫定6位タイに浮上!!

2009/10/02 18:18


国内男子ツアー「コカ・コーラ東海クラシック」の2日目を、1アンダー37位タイで迎えた石川遼。自身がホストプロを務める大会で、3試合連続で予選を通過するためには、少しでもスコアを伸ばして安心したい位置だった。

朝から冷たい雨が降る状況で、9時2分に1番からスタートした石川は、ティショットを右サイドのラフに入れるが難なくパーセーブ。続く2番パー5は2打目をバンカーに入れたが、残り40ヤードをピン手前80センチにぴたりと寄せてバーディ。

<< 下に続く >>

さらに3番はティショットを右サイドの斜面に打ち込み、つま先上がりの難しいライだったが、2打目はピン奥1mにナイスオン。バーディパットに備えグリーン方向に歩き出したそのとき、競技委員が駆けつけプレー中断の知らせを受けた。

中断中の石川は、雨をしのぐために用意された車に乗らず、同伴競技者の池田勇太ダニー・リー(ニュージーランド)と共にグリーンサイドで再開を待った。28分間の中断だったが、体が冷えて固まるのを予防するため、ドライバーを手にすると、何度も素振りを行いリラックスしていた。

再開後、バーディパットを決めた石川は、7番パー5では3打目をピンそば30センチに寄せ、9番でも2打目をピン奥1.5mにつけるスーパーショットでバーディを奪取。11番でこの日唯一のボギーを叩いたが、後半も2バーディを奪い三好CCの名物16番パー3に向かった。

このとき午前中を上回る豪雨がコースを襲い、2度目の中断に突入。今度は用意された車に乗り込みクラブハウスに引き返してきた。中断に入ってから42分後の15時15分に競技続行不可能という判断でサスペンデッドが決定。石川は明日の大会3日目、7時に16番から第2ウンドのプレーを再開することになった。

「今日は1ボギーで抑えられたし、中断を挟みながらなんとか我慢してプレーできました。全体的に良いリズムを保って出来ました。明日の朝から新たな気持ちでスタートしたいです。16番は難しいですけど、ものすごく価値のあるスタートホールになると思う」と淡々と語ると、迎えの車に乗り込みコースを後にした。暫定ではあるが、首位とは2打差までスコアを伸ばした石川。残る36プラス3ホールで優勝争いに絡む可能性は高くなってきた。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 コカ・コーラ東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!