ニュース

国内男子三菱ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼「完全にやられました…」難コースと強風に屈す

2009/05/29 20:32


「三菱ダイヤモンドカップゴルフ」2日目は、1日を通して強い風が吹きつけ、瞬間最大風速は16.1メートルを記録。ただでさえ難度の高い大洗GCがさらなる牙を向き、石川遼も「今までゴルフをした中で、一番難しいセッティングだった。完全にやられました」と最後まで苦しい展開が続いた。

「朝に起きた時から、今日は厳しくなると思っていた」という石川は、「どんな状況でも3オーバーではあがりたい」という目標を掲げて1番ティからスタート。だが、「風の強さに気持ちが負けて、前半から最後までスイングがブレていました」と、ティショットをいきなり左に曲げてボギー。続く2番パー5でもティショットを左に曲げて林へ。果敢にスライスボールで脱出を図るも、初日のようなミラクルショットの再現はならず、目前の木に当たりトラブルに。このホールをダブルボギーとし、スタートから2ホールで既に3ストローク落としてしまう。

<< 下に続く >>

風がフォローの時は気にならないが、アゲンストのホールでショットのミスが多かったと振り返る石川。「風に勝とう、と思ってしまい力が入ってしまった。体の上下動が起きて逆にスピン量が増えてしまい、サイドスピンも増えてしまった」。その後もティショットを曲げて林に打ち込む場面が目立った上、グリーン上でも「パットでも風の影響はありました」とパーパットを決めきれない。スイングの不調は終盤まで続き、16番パー3で右ラフに打ち込みボギー、17番パー4ではティショットを右の林に打ち込み、辛くも林から一発で脱出してのボギー。ともにフォローの風が吹いていた2ホールを連続ボギーとし、最終的には1バーディ、7ボギー、1ダブルボギーの8オーバー。通算6オーバーの39位タイで予選は突破したものの、その表情は疲れきっているように見えた。

「風に負けないように低いボールを打とうとか、そういう邪念があって、これまでの良いスイングが1日で崩れてしまった」と肩を落とす石川。その中で「こういう天気では、まだまだ通用しないと分かったことが収穫。大きな経験になった」とプラスに捉えていた。テレビインタビュー後は練習場に直行し、早速スイングを修正。「今日の悪いイメージを払拭して、明日からは新しい気持ちでプレーしたい」と、残り2日間の決勝ラウンドに臨む。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 三菱ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!