ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

有村は10位に後退 パットに苦しみ「一生バーディが獲れないかと・・・」

宮城県の利府ゴルフ倶楽部で開催されている、国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」の2日目。首位を3打差で追う有村智恵は、前半アウトはすべてパーと伸び悩んだものの、後半14番から3連続バーディを奪取。3バーディ、ノーボギーの「69」、通算5アンダーの10位タイに踏みとどまってホールアウト。首位に5打差で明日の最終日を迎える。

初日に球筋が安定しなかったショットは、「今日は問題のないところまで来ていて、フェアウェイはほとんど外していない」と一夜にして復調。次々とバーディチャンスを演出したが、この日はパットが足かせとなった。スタートホールの1番から3m、1.5m、3mといずれもチャンスを逃すと、4番(パー3)では2.5mがカップに蹴られ、さらに9番では2mがカップの縁を一回転。前半9ホールだけで17パット、「このまま一生、バーディが獲れないと思った」と有村も苦笑するしかない展開だった。

「プレー中はいつも聞こえないのに、今日はギャラリーの方の溜息が聞こえた」という重い空気から、ようやくスコアが動いたのは後半14番(パー5)。2mがカップに吸い込まれ、キャディと笑いながらのグータッチ。「1つ獲れたことで、スムーズにパットできるようになった」と、15番で3m、16番で1.5mと3連続バーディを奪い、何とか上位に名前を残した。

首位とは5打差と離されたが、冴えを取り戻したこの日のショットに限れば、ビッグスコアへの準備は整っている。「パットさえ噛み合えば・・・。今日は気の済むまで練習をしたい」と、足早に練習グリーンに足を運んだ。(宮城県利府町/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。