ニュース

国内女子meijiカップの最新ゴルフニュースをお届け

有村、優勝争いから脱落し単独8位フィニッシュ

2012/08/05 18:23


朝から小雨のぱらつくスタートとなった「meijiカップ」最終日、首位と2打差の2位タイからスタートした有村智恵だったが、この日は3バーディ、4ボギーとスコアを伸ばせず、通算3アンダー、単独8位で今大会を終えた。

2日目はショットの不調に苦しみながらも、なんとか好位置をキープして臨んだ有村だったが、この日は、2番(パー3)でボギーが先行。ティショットをグリーン左に外すと、アプローチがピンを約3mオーバーして2パットのボギー。続く3番でも左ラフからのセカンドショットはグリーン奥にこぼれ、さらに3mのパーパットを外して連続ボギーとしてしまう。9番(パー5)ではセカンドショットを大きく右に曲げてコースロープ外へ打ち込むなど、ショットに精彩を欠き苦しんだ。

「とにかくティショットがばらけてしまった。フェアウェイにさえ運べれば悪くない」と、3日間を通して有村を悩ませ続けたショットは、復調の兆しが見えかけたところで、再び低迷を辿った。後半に入ると10番、12番(パー5)でようやくバーディを奪うものの、16番で再びボギー。最終18番では渾身のバーディパットを沈めるも、有村の表情に笑顔はなく、悔しさ残るフィニッシュとなった。

「先週1週間で、ショットを変えたのですが、優勝争いの中で試すことができて良かったです。どういう時によくて、どういう時に悪いのかがはっきりとしたので、しっかりと練習したいと思います」。有村は次週、本土、長野県に場所を移し「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」に出場する。(北海道北広島市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 meijiカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。