ニュース

国内女子スタジオアリス女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

有村智恵「やっと一週間完走できた!」

国内女子ツアーの開幕第5戦「スタジオアリス女子オープン」で、自身の開幕2戦目を迎えた有村智恵は、初日が2オーバー、2日目がイーブンパー、そして最終日に2アンダーと2ストロークずつ伸ばして、通算イーブンパーの5位タイに食い込んだ。

この日の有村はスタートの1番で10mのバーディパットを決めたが、6番から3連続ボギーをたたきスコアを崩した。しかし、後半に入ると10番パー5でアプローチを1.5mにつけてバーディを奪い、14番では9mのバーディパットを沈めた。さらに15番パー3はティショットをピンの左1mにつけ、16番パー5でもアプローチをピンの右40センチにつけて3連続バーディとした。

「前半は感触がよくなかったのですが、後半にだいぶ取り戻せました。右手よりも左手でしっかり打つこと心がけていたら、クラブのヘッドが下から入るようになっていたので、後半は上から入れる意識を強くしたら良いゴルフが出来ました」。ショートアイアンのライン出し(ピン方向を狙う)が出来ていないと嘆いていた有村だが、後半はピンに絡むショットも連発し、好調時のようなスイングを取り戻してきた。

「今日は後半伸ばせたことと、ボギーを打たなかったことが良かったです。やっと一週間完走したというか、先週は試合というよりも1日で終わってしまったので、やっと試合が終わったという感じ。早く次の会場に行きたいです」と、早くも次戦を楽しみにしている。その次戦とは、地元熊本で開催される「西陣レディス」だからということもある。「まだまだ物足りないものがたくさんありますが、次戦は金曜日には自信をもって優勝を目指せるような状態にしておきたい」と、上位進出を狙う。(兵庫県三木市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 スタジオアリス女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。