ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

有村は連覇を逃し“5度目の正直”ならず

2010/11/21 17:17


有村智恵にとって、今シーズンにおける大会連覇の最後のチャンスとなった「大王製紙エリエールレディスオープン」。首位に5打差で最終日を迎える中、6番、9番、11番と着実にバーディを重ね、逆転優勝に向けて首位との差を詰めていった。

だが13番パー4で、3オン3パットの痛恨のダブルボギー。ここで流れを完全に失い、その後はスコアを伸ばすことができず、通算6アンダーの10位タイで終戦。今シーズンだけで5試合あった大会連覇のチャンスを、いずれも逃す結果に終わった。

「初日から伸ばせず、優勝に値するゴルフができませんでした。全然ダメでしたね」と、この3日間のプレーに不満を募らせる有村。「先週はショットも良くなって終えられたので、今週はいけるかな、とも思いましたが・・・」と、悔いの表情を浮かべる。

「今年は、納得の行くラウンドが本当に少なかった」と、自らに投げかける厳しい言葉は続く。「来週は最終戦ですし、最後の4ラウンドは気持ち良く回れるように頑張りたいですね」と、気持ちの切り替えに努めていた。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。