ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

有村「その先に向けて練習に励みます!」

国内女子ツアー「SANKYOレディースオープン」で、初日、2日目とパットが決まらず我慢のゴルフを強いられた有村智恵。最終日は、1番でバーディを奪ったが、2番でボギーを叩き、この日も波に乗れない。

中盤の7番でボギーを叩き、9番は2打目をピンの左30センチにぴたりと付けてバーディを奪うが、後半に入り12番でもボギーとスコアを落した。「今日もカップの位置が難しくて、ピン筋に行っても縦の距離が合わずにチャンスにつけることが出来ませんでした」という有村は、終盤まで我慢のゴルフが続いた。

<< 下に続く >>

そして最終18番パー5で前日同様バーディを奪い、大会側から用意された予選ラウンドと決勝ラウンドでバーディを奪った選手に贈られる「フィーバー賞」の77.7万円を手にすることになった。

「最後だけですね」と苦笑いする有村。今大会を制したアン・ソンジュ(韓国)とは獲得賞金で5,000万円以上差が開いてしまった。それでも「今年の目標に掲げた賞金女王獲得はまだ、諦めたわけではない」と言う。

ここ数試合成績がよくなかったのは、夏までに米国や英国への遠征が多く練習量が足りていなかったと感じている。「練習した成果はすぐに出て欲しいですが、1ヶ月とか経ってから成果が出ると思っています。なので、今後のためにも今は練習量を増やして挑みます」と力強く宣言した。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!