ニュース

米国女子J GOLFフェニックスLPGAインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、運にも恵まれ8位タイへ浮上

2009/03/28 14:39


米国アリゾナ州にあるパパゴGCで行われている米国女子ツアー第5戦「J GOLFフェニックスLPGAインターナショナル」の2日目、初日を首位と3打差の17位タイで終えた宮里藍は、この日は1時35分と遅いスタート。前日は午後から強風が吹きつけたが、この日は一転、宮里がスタートする時間になっても空は穏やかなままだった。

2番で12mを沈めて幸先良くバーディを奪った宮里は、4番でバンカーから寄せきれずにボギーとしたが、直後の5番で9Iの第2打をピン下4mにつけてすぐにバーディを取り返す。後半に入り12番でボギーを叩いたが、14番は9Iで手前1.5m、16番はPWで80cmと硬いグリーンをものともせずに、ショットをピンに絡めてバーディを積み上げた。

<< 下に続く >>

まぶしい西日が照りつける中、最後は日没ギリギリで18ホールをホールアウトし、「終わって良かった~」と安堵の表情を浮かべた宮里。2日目を4バーディ2ボギーの「70」で回った宮里は、通算3アンダーへとスコアを伸ばし、順位も8位タイへと浮上した。

「これだけグリーンが硬くて、良く距離感が合っているなと自分でも不思議」という宮里だが、「イメージが出ている」とミドルアイアンの距離感が抜群。「このコースは我慢して少ないチャンスをものにしていくだけ」というタフな条件も集中力を切らさない要因となっているようだ。

初日、2日目ともに強烈な風の洗礼を受けなかった宮里は、「こういう運も明日からに活かしていきたい」と、大いに前向き。「上が8(アンダー)まで出ているのは不思議な感じだけど、明日は1つでも2つでも伸ばせればいい」と、ムービングサタデーとはいえ、いつも通りのどっしりとしたプレーで着実に上位を目指す。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 J GOLFフェニックスLPGAインターナショナル




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!